文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 865

●くさる

 お昼ごはんの用意をしようと中を見回すと、昨日買ったさばの袋。
 昨日のうちに食べようと思ったのに、
忙しくってさばく時間なかったからなあ。
 とりだしてにおいをかいでみると、なんだかだめそうなにおいがする。
「ねえ、これどう思う?」
 呼んだ夫も鼻を近づけ、
「あぶなそうならやめといたほうがいいよ。鯖は足がはやいから」
「うーん、しかたない。じゃあ捨てちゃうね」
 と。
「なんで魚が足はやいの? 変なのー」
 下からまだちいさな息子の声。
「変じゃないぞ。こう見えて魚は華麗に走るんだ。
もしかしたら負けちゃうかもよ?」
 夫がからかって言うと、息子は唇を突き出してふてくされた顔をする。
 ……なんでこんなことでいちいち腐らないといけないんだろう。
 すると、夫は言った。
「いや、訂正。足の早さなら魚もかなわなそうだ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/895-3cfa4ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。