文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 873

●古代超文明

 ぼくは、死んだ。
 なんで死んだかなんてどうでもよかった。
それよりも気になっていたのは、
 『南の小さな島、そびえたつたくさんの巨石像は
なんのために作られたのか』
 その答えにたどり着けないことだけだった。
 ぽーん。
 ぴちょーん。
 透き通る音。
 ふと気付くと、ぼくは淡い光を放つ大きな水晶のようなものの前にいた。
「なにが知りたい? ひとつだけ、疑問に答えを与えよう」
 男とも女ともわからない、柔らかな響き。
 これが神? それとも知恵の結晶なのか? 
そんなことも思ったが、胸から湧き上がるものに吹き飛んだ。
「ぼくが生涯をかけて調べてきた、あの小さな島の大きな石像、
あれの本当の意味を教えてください」
 ぼくの声に穏やかな光は揺らめき、そして声が返ってきた。
「ああ、あれな。衛星放送の受信装置だ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/904-f7af3b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。