文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 876

●残りのほう

 休日、久しぶりに仲間で集まって話しながら酌み交わしていたら、
そろそろお開きにしようかという頃になって
まだ来ていない一人から連絡が入った。
「どうしたんだよ、こんな遅くに」
 周りの四人にも聞こえるように、
向こうの声が出るようにしてたずねると、
「急ぎの仕事押し付けられて、ようやくいま終わったところだよ」
「そうなのか。おつかれさん」
「ほんとにな」
 ため息混じりに。
「でも、うちらの世代じゃ、週六十時間以上働いてるのも
五人に一人は いるっていうし、こんなんでめげてちゃいらんないよな」
 瞬間、おれは自分の仕事をかえりみた。
 朝は絶対一時間は遅刻して行くし、昼休みは二時間近く。
三時ごろには会社連中と菓子をつまみながら笑い話をして、
仕事の区切りがよければ日が暮れる前にも帰る毎日。
それで時間通りの給料も出るし、上司ともども叱られたことはない。
 それが普通だと思っていたんだが……。

「い、いや、めげるくらい、いいんじゃないか?」
「そうだよ、がんばりすぎてるもんな」
「そうだそうだ」
「よくやってるよ」
 次々に言葉をつなぐおれたち。
 でも、そのときは知らなかったんだ。

 ――その場の全員が同じことを考えていたなんて。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/907-e413840f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。