文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 884

●落差

 一国の指導者が、傾きかけた国の財政を立て直すために
とある王国の長に財政支援を求めると、
「ふむ」
 たくましい体つき、精悍な顔のその男はあごをなで、
「おっしゃるとおりの金額を用立てることは構いません」
 静かな声でそう言った。
「おお、ありがたい!」
 よろこびに飛びつくばかりの男だったが、
「ですが……」
 王は続ける。
「あなたにも痛みを受けてもらいましょう」
「と、おっしゃいますと?」
「あなたの奥さんと娘さんを一か月、
わたしの元でわたしの好きにさせていただきましょう」
 ――この男、いかに立派に見えても所詮は女めあてか。

 見た目と中身との落差に幻滅を覚えたが、
すぐさま自分の問題でもあることに思い至り、彼は悩んだ末、答えた。
「妻、だけなら」
 一か月後。
 国を発った彼の妻は家に戻り、荷物を降ろすと言った。
「ねえ、あなた。離婚しましょう」
「ど、どうした。……どんなに穢されても、おまえはおまえだ。
だいじょうぶだから」
 なぐさめようとする男をにらみつけ、
「なんであなたはそういう発想しかできないの!」
 男が聞いたこともない声で叫んだ。
「あの方はとても礼儀正しかった。一人の確固とした人間、
そして女性として敬いながら接してくれた。
常に国を愛し、国民なんてわけのわからないものじゃなく、
ひとりひとりの個人がどうあるべきかを考え、心を痛めてた。
なのに、あなたはどう? 自分のために税金を無駄に使い、
足りなくなれば改めもせずに無心して済まそうとする。
挙句の果てには自分の保身のためだけにわたしまで差し出す? 
あなたには何一つとして自分の痛みなんてないじゃない!」
 うろたえる男。
「な、なにを言うんだ。おまえがいない間、
どれだけ心を痛めていたと思うんだ。
眠れない日だって何日もあったんだぞ」
「それだけ? たった、それだけ? 
乱暴されると思いながら一人質草みたいに預けられて、
不安なまま過ごしたわたしと、それがおんなじ?」
 彼女はためいきより深い息を吐くと、つぶやいた。
「……あなたは人として、指導者として、男として最低。
あの国を知ってしまった今、その落差にもう耐えられそうにない」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/915-64ee54b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。