文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 887

●ただより高い物

 まだ独身のともだちとひさしぶりに会っておしゃべり。
「あ、そうそう」
 そのうちふと思い出して、わたしは言った。
「うちのところの共同のごみ捨て場、
心無い人たちが捨てかた汚くていつもいやだったんだけどね、
この前見たら若い奥さんが黙々と片付けてて」
「うん」
「そこで捨てるのもなんだか悪くてしばらくしてから行ったら、
ずいぶんきれいになってて気持ちよく捨てられたんだ」
「へえ~」
「あれを見たら、見習わなきゃいけないなあって思ったよ」
 すると、なぜか曇る友達の顔。
「で、見習ったの?」
 ぎくりとするわたしに、
「見習おうって気はほんとにあるの?」
 さらに追い討ち。
「それまでならちょっといい話だったのに、
それを見習う気がないのに『見習おうと思った』って言うのは
どういう意味? 『すてきな人を見習おうと思える、
心のきれいなわたし』でも演出したいの? 
……未来に投げっぱなしにするくらいなら、
『わたしも見習った』って過去で話してくれれば尊敬もできるのに」
 あきれたような冷たいような視線にうちのめされていると、
慈愛に満ちた視線で彼女は言った。
「まあ、気にしないで。思うだけはただだもんね」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/917-673d3da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。