文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 888

●離乳食

 はじめてうちの軒先にツバメが巣を作ってからというもの、
娘はかいがいしくその世話をするようになった。……らしい。
すくなくとも本人の中では。
 見守り続けてどれくらいたった頃か、
子ツバメたちが巣のふちで羽をばたつかせはじめる。
「もうそろそろ、すだちの時期かもね」
 わたしが言うと、
「ええ? まだ秋じゃないのに?」
 驚いた顔が見上げた。
「あはは。そんなに長くいたらツバメも育ちすぎちゃうよ」
「え~、どうしよう……」
 困ったような顔をする娘。
「だいじょうぶ。さっぱりと見送ってあげよう?」
 小さな頭をぐしぐし撫でて、小さな命を見つめる。

 それから何日かすると、
巣のそばに茶色いなにかの乗った踏み台が置いてあるのに気がついた。
 ……なんだろう?
 手を伸ばすと、
「だめー! ツバメが食べるんだから」
 どこかから娘の声。
「え? たべもの?」
 顔を近づけると、しわしわで茶ばんではいるけれど、
ミカンみたいなものらしい。
「なにこれ?」
 訊ねると、
「すだち」
 残念そうな声で。
「……こんなのしか見つからなかった」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/920-2ff67bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。