文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 905

●ハイブリッド

「はははは!」
 どっ、と会議室がわいた。
「なんだ、この製品番号、『なめこ-000001』ってのは」
 わたしをさげすむ目、目、目。
 指をにぎりこみ、足を伸ばしてわたしは応えた。
「それはたとえです。本題は上に書いてあります」
「自社の製造ラインで使う製造番号と、発注をかけるときの製品番号、
客から注文の入る注文番号を同じにしてほしい、というのはわかる。
でも『なめこ』はないだろう、なめこは。
単語と数字のハイブリッドきどりか?」
 なにがそんなにおもしろいのか、また噴き出すと
ばかにしたように笑い出した。
「別に『サーモスタット-000001』でも構いません」
 わたしの言葉に、別の声。
「サーモスタットなら、今までどおり『ts-9d』から
はじまる型番があるだろう。君のと違って
意味のあるアルファベットと数字のハイブリッドだ。
思いつきだけで変えられちゃたまらないよ」
「なめことかな」
 横から入る茶々にまた周りがわき、
怒りの限界を超えたわたしはひらひらの頭をわしづかみにして叫んだ。
「少々席をはずしてまいりますので、しばらくお待ちください」

 後ろで上がる声は無視し、わたしの部署まで引きずっていくと
適当な席に投げ置いた。
「なにをするんだ」
「注文とってもらいます」
 目の前の電話を回線開放にしてやれば、注文電話がすぐに鳴る。
「さあ、どうぞ」
 聞くべきことの紙を置き、ヘッドセットを押し付けて。
 挨拶くらいお偉いならできる。問題はその次だ。
「え? GB?」
 薄い髪の下からさっそく困り声。
「あ、すいません。DB? え? ティー? ディー?」
 おでこに脂汗がにじみはじめ、袖口でぬぐったりしている。
「物はなんです? サーミスタ……え、わかりませんか。
えーと、型番は、ティー、ジーですよね? え? ピー? シー? 
いや、ええと、そういうわけではないんですがね、その」
 すこしの沈黙、わたしを見る顔。
電話がまた鳴り出したところを見ると、
通じない話に怒って切られたのだろう。
「さ、電話がまた鳴ってますよ? とってください」
 不安そうな目が揺らいで、
「勘弁してくれよ」
「……『勘弁してくれ』?」
 わたしはぎりりと唇を噛む。
「その言葉を、ここにいる全員の前で言ってみてください。
あなたたちが勝手につけた番号のせいで
わたしたちが毎回どれほど苦労しているか。
この全員が全員、勘弁して欲しいと願っているのを、
あなたたちは笑い飛ばしたんですよ!」
 力任せに机を叩きつけ、しびれる手を電話に伸ばす。
「さあ、次行ってみましょう。これがあなたたちの、
結果と責任のハイブリッドなんですから」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/934-54cf44de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。