文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 935

●そんなんじゃないのに

「ねえ、彼って今日、どうしてた?」
 土曜の夜、友達から電話。
「ええ? 彼って、わたしの?」
「うんうん」
 弾む声を聞きながら、すこし思い出してみる。
「ん~。昨日か今日か忘れたけど、
友達と遊ぶって聞いたような聞いてないような」
「じゃさ、駅前のファミレスで食べたりする?」
「ええ? うーん、そりゃあ行くことはあると思うけど……」
「わぁ~! むふふふふふ」
「なんなの?」
 よくわからない歓声に訊ねると、
「ふっふっふっふ」
 受話器の向こうからいやらしい笑い。
「今日ね、たぶん彼みたよ。斜め後ろの席にいた」
「へええ? あ、チャーハン食べてたら、たぶん本物」
「……知らないよ、そんなの。って、そうじゃなくてさ。
えへへへへへへ」
「もう、なんなの? さっきから」
「それがねぇ、ふふふふふ。感謝してよ」

「で、なに?」
 もったいぶられるのもそろそろ限界で促せば、
「あう。それがさ、彼がね、友達の前で、
あなたのこと……好きだーって言ってたよ」
 自分で言うのも恥ずかしいように変な笑いで口にする。
「あはは、うそだぁ」
「む。ほんとだって」
 真剣みを込めた声。
「なんかいつかの連休に、ライブの券余ったから
一緒に行こうって誘われてて。そこで断って言うんだよ。
『だれか知らない他人全部に笑う空っぽの女なんてどうでもいい。
どんなにこっちが見つめたって、向こうはこっちのことなんか
目に入らないんだぞ?』って」
「あはは、うん、彼っぽい」
「それからさ、『そんなのに時間使うよりも、
そばにいて笑ってくれて話してくれる人と一緒にいたい』、だって」
 普段の彼を思うと、つい笑ってしまう。
「あははは、まっさかぁ」
「ほんとだって! しかもみんなから
『彼女ができてから変わった』って冷やかされてたら……
『どうやっても――彼女が一番好きだから』って」
 彼の真似なのか、お芝居がかりながら友達は言った。
「あは、うそだ。絶対うそ」
「なーんでよぅ」
 ふくれた声が、急に不安げになって。
「もしかして、彼と仲悪いの?」
「ええ? そんなことは、ないと思うけど」

 次の日。
 彼に電話して、話の中で訊いてみた。
「ね、わたしのこと、好き?」
 すると彼は言いよどみ。ためらったあと、口にする。
「……嫌いだったら、一緒にいないよ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/963-92432009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。