文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 938

●戒名

 法事のたびに口うるさく注文をつけてきたご老体が亡くなったらしい。
 なかなか迷惑なお人だったが、亡くなってしまえばさみしいものだ。
 ご家族と式について話していると、
その方の奥さんがかしこまった様子で封筒を差し出す。
「これは?」
「夫が、戒名料にと」
 中は札が何枚か。
「もうしわけありません。たかが名前で坊主に渡す金は
これで充分だと申しまして……」
 痛々しく下げていた頭を上げると、
「でも、立派なご戒名をいただきたいのです」
 すがるような目で訴えた。

 ――やれやれ、死んでまで迷惑な人だ。
 ため息混じりにお受けしようとしたとき、
「おいおい、しみったれたこと言ってんじゃないよ」
 ご親族のひとりが口を開いた。
「あいつは人の美容院に来ては、やれ切り方が違うだの
どっちが短すぎるだのいちいち言う腹の立つやつだったけどな。
死んじまえば恨みっこなしだ。その金ならうちで出すから、
ひとつ立派な名前をやろうじゃないか」
 なかなか殊勝な方もいたものだ。
 ここはその方にも敬意を表し、考えなければならないな。
 そしてわたしは一つの名前をしたためた。

 『美容院一言居士』と。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/966-4fa07b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。