文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 950

●フルーツバスケット

「たとえばだ、あるところに果物がいたとしよう」
 と、彼は言った。
「小さい頃はなにも気にせず暮らしていたけど、
大きくなるとフルーツバスケットに盛り付けられた。
でも自分ではその位置は違うと思って位置を変わろうとしていると、
周りの果物たちが言うんだ。
『おい、モモ。モモらしくちゃんとしてろよ』
『モモなんだからモモの場所にいてよ』
 驚いてそいつは思う。
『なに言ってんだ? おれ、バナナだぞ?』」
 そこで一息。彼は正面を見て訊ねる。
「さて、そいつはバナナなんだろうか? それともモモなんだろうか?」
「実際、どうなの?」
 訊き返す彼女に肩をすくめ、
「それを訊いてるんだ」
 彼の言葉に彼女は考える。
「うーん、バナナとモモなら、見た目でわかるだろうし……。
でも、自分でバナナって思ってるんだから、その点においては、
まぎれもなくバナナだよね」
「なるほど」
 小さくうなづき、彼は言う。

「じゃあ、あるところに一人の人間がいたとしよう。
小さい頃は特になにも気にしていなかったけれど、
中学校や高校で制服の中に盛り付けられると言われるんだ。
『おい、女なんだから女らしくちゃんとしてろよ』
『女の子でしょ? 恥ずかしいから女の子らしくしてよ』
 驚いてそいつは思う。
『なに言ってんだ? おれ、男だぞ?』」
 そこで彼は彼女に目を合わせ、静かに訊ねた。
「さて、そいつは男なんだろうか? それとも女なんだろうか?」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/974-14533b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。