文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 955

●落ちるとこまで

 彼の周りは汚れに満ちていた。
 周りでせきと共に飛び散る唾と菌。体に触れる汚物の群れ。
 避ける余地もなく他人に触れられる電車は
彼にとって悪夢でしかなかった。
 他人からすこしでも遠ざかるように体を縮め、
こわばる顔で下のほうを見つめ続けた彼だったが、
車体が揺れ、他人に倒れかかられた時に
必死につり革を素手でつかんでしまった。

 普段決して直接触れることのないようにと手袋をつけていたが、
その時はすでに耐え難い汚れに侵され、外してしまっていたのだ。
 ぞわぞわと背筋を這い回る嫌悪。こぼれ出す冷や汗。
 自分の手を見た彼の目は裏返り……床に倒れる。
 だれがどこを歩いたかも、何の上を歩いてきたかもわからない床。
いつかだれかが嘔吐し、糞尿の上を歩いた靴で
歩きまわっただろう場所に、倒れた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/982-0da065df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。