文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 965

●創意工夫

 海の近くに古ぼけた小さな定食屋がある。
前に近くの会社で働いていたときには毎日のように食べに行った店だ。
 それから半年。また支店行きの辞令を受けたおれは
アパートに荷物を運び入れると、さっそく店へと足を運んだ。

「あら、いらっしゃい。ひさしぶりじゃない~」
 数個しかないテーブルと厨房脇のカウンターの間で
振り向いて懐かしそうに目を細めるおばちゃん。
飾らないこの店の雰囲気も大好きだ。
「今日こっちについたんですけど、
取るもとりあえず来ちゃいました。またしばらくお世話になりますよ」
 ぼくの言葉に昔のままの人懐こい笑顔。
「嬉しいこと言ってくれるじゃないの。
じゃあおまけもつけちゃうから食べてってよ」
 元からそのつもりさ!
 そそくさといすに座り、見るまでもないメニューに
目を通しながら颯爽と注文……
「って、あれ? いかそうめんは?」
 思わず言うと、おばちゃんは残念そうな顔をして。
「最近、シュレッダーに指すら入らなくなってねえ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/992-2838d06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。