文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 967

●ひとごろしふたごろし

「はやく、死ねばいいのに……」
 彼女たちは同時につぶやいた。

 彼女は心臓が悪かった。いつ止まるかわからない
気まぐれな時限爆弾のようなものを抱えて生きる暮らしに
彼女の心と体は削られて行った。
 一方の彼女は肝臓が悪かった。美しくもない肌の色、
いつ死ぬ皮からない恐怖に彼女は毎日を狂おしく過ごしていた。
 ふたりは、ふたごだった。

『あの子の心臓が欲しい』
 彼女は思った。わたしの元気な心臓をもっていかれたから
わたしはこうなんだ。
『あの子の肝臓が欲しい』
 彼女は思った。わたしの別の体がそこにあるのに、
どうして使っちゃいけないの?

 薬漬けで痛まないうちに。まだまだ肉のきれいな今のうちに。
「はやく、死ねばいいのに」
 ふたりは同時につぶやいた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/994-89a8cdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。